進級前、春休み前に自宅で学ぶタブレット学習「スマイルゼミ」資料請求しました

 

コロナウイルスの感染拡大で、政府が全国の小中学校、高校に臨時休業を要請すると発表しました。(2月27日現在)

春休みが前倒しになると共働きの親御さんは、子供たちが自宅学習できるかどうか心配になりますね。

 

我が家でも春休みを前に小学生の息子がスマイルゼミを始めます。
資料請求したら3日後にポストインで届き、WEBから入会申込後、翌々日にタブレットが届きました。
 
資料では年間の学習カリキュラムやタブレット教材によって学習習慣が続けられる仕組みについて説明されています。

 

 
資料を見ていると、自分専用のタブレットを使えるのが何だか楽しそう。
専用ペンで書くから書き順もしっかり指導してくれるのでありがたい。

 

 漢検チャレンジはの過去問より出題。

高校卒業レベルまで挑戦できます。

 

 

 

漢検合格率はなんと95.7%!!

 

 

3月27日までに入会すれば3月春休み特大号は無料

 

問題を解いたその場ですぐに自動丸付け。

つまずいてしまった問題は間違えたままにせず、考え方や解き方を手順を追って丁寧に解説するので、しっかり理解できます。

 

 

お手本を見ながら英単語のなぞり書き練習で正しく書く力を育てます。

 

 

 

スマイルゼミを初めてから「英語が好きになった」というお子さんが94.6%!!

 

小学1年生からネイティブの発音や体験ワークで楽しく生きた英語が身に付きます。

 

 

学力診断テストの結果がスマホから確認できるので、お子さんに適切な声掛けができます。

到達度を測ると共に苦手得意を判定するので、得意分野はさらに伸ばし、

苦手分野はしっかりと対策。

 

 

 スマイルゼミのマーケティング担当者によると、放課後は部活動や宿題などで忙しいので、食事の待ち時間やちょっとした時間すきま時間を使って勉強しているお子さんがが多いとのこと。

意外と朝、学校に行く前に取り組んでいるお子さんが多いそうです。  

 

1教材あたり15分を目安に、1日に3~4教材学習すると30分~1時間くらいかかります。

 

毎日朝夕分けて学習したり、週末にまとめてやっているお子さんもいるそうで、

ライフスタイルにあわせて好きな時間にできるのは通信教育ならではのメリットですね。

 

 

春休みひとりでできる総復習は3月27日までに入会

春から中学生になる娘もやってみたいとやる気に
娘は進学するので、これまで6年間続けてきた習い事を卒業しました。
学校の勉強が難しくなるし、部活動も始まるから家庭でできる通信教育がいいとのこと。

 

気になる料金は小学校1年の場合、

12か月一括払いで月あたり会費2,980

学年が1学年上がるごとに500円位ずつ会費も上がります。

 

会費の他に、1年間の継続利用を前提として、専用タブレット代「9,980円」がかかります。

 

 

2週間以内なら全額返金保証がありますので気軽にお試しが可能!!

 

スマイルゼミは、タブレット端末を使った未就学児・小学生および中学生向けの通信教育サービスです。
2017年に「イード・アワード2017 通信教育」で小学生タブレット部門の最優秀賞を受賞。
運営は一太郎、ATOKで有名なジャストシステムが運営していいます。
お馴染みのセレクトショップ「BONNE(ボンヌ)」もジャストシステムですしね。
 
 
まずは資料請求はこちらから↓

 

資料が届いた後、本入会申し込みの際は友達紹介制度が利用できます。
1000円のギフト券がもらえます。
 
直接申し込みしてももらえませんがajiroからでよければ
紹介できますので、コメントからお知らせください。
 
当記事は非公開コメントにします。
折り返し紹介制度についてajiroから返信しますのでメールアドレスを記載してください。

 

4月27日まできょうだいで入会すると2人入会で5000円。

3人入会で10000円のデジタルギフトがプレゼント。

 

1人目入会時は友達からの紹介登録で1000円分のギフト券ゲット。

そのあと、同じメールアドレスからきょうだい登録でキャンペーン併用が可能とのことです。スマイルゼミに直接問い合わせました。